大阪でのおいしいもの、楽しいことを綴ります。


by pi-pi-pi-pi-chan

西洋厨房 いとう

もうすこし、京都の話。

京都友のおうちに泊めてもらった夜、行った『西洋厨房 いとう』。
カウンターだけでオーナーシェフが一人で切り盛りされているお店です。

コースもありますが、この日はアラカルトを友とシェア。

d0192048_19495869.jpg
あわびのソテーを白ワインでいただいて、
d0192048_19503130.jpg
赤ワインに変えてから、ぐじのソテーや和牛のグリル。
d0192048_19505965.jpg
d0192048_19515082.jpg
地場産の野菜とドレッシングがあまい一皿で〆。
d0192048_19523849.jpg


どれも非常にシンプルな調理で、素材を最大限に生かしたお料理が出てくるお店です。

このほかデザートなどを頼んで、一人13000円ほどだったような。
どれも素材を考えると(ワインも含め)納得以上でした。

オーナーシェフは、シェフというより、非常にこだわりのある職人さん、です^^。
かなりのクラシックフレンチ好きかな。

正直、お店のスタンスとかスタイルとか、好き嫌いははっきり分かれるとも思います。
アタシは好きですが。


ランチもやっているとのことですが、GWなどはやらないこともある、とのことなのでご確認の上予約を。

お酒を飲んでおいしいものを少し、という方にどちらかというとお勧めです。
あのお料理は、やっぱりおいしいワインといただきたいな、^^。



東山区古門前通石橋町307
月曜休
12:00~14:00(要確認)
18:00~21:00(LO)
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-04-26 20:06 | French

北野をどり

ちょっと前、桜の季節に京都友のお誘いで『北野をどり』にいってきました。

北野をどりは春の京都を代表するをどりのひとつ。

それぞれのエリアにいる芸妓、舞妓さんが踊ってくれる季節のをどりです。

d0192048_2247573.jpg
勉学の神様、北野天満宮からは徒歩数分、演舞場につきました。
d0192048_22483198.jpg
美しいおねえさんがたててくれるお茶。
チケットには、お茶席ありなしで400円の違いがありましたが、鶴屋吉信のおいしいお菓子もついていて、おまけにをどりグッズ(コレクターもいるらしい)のお皿もお持ち帰り可能、ならば、お茶席つきチケットが断然お得です♪

d0192048_22543479.jpg


北野をどりは、ストーリーがあってわかりやすく、ある意味、宝塚チックかも、とは毎年いろんなをどりを観にいっている京都友談。

そうなのか。。。

個人的には北野のをどり、わかりやすくて好きでした。
はじめて日本舞踊を目の前!(なんといっても最前列だったので)観ましたが、その、下に下にの動きがとてもスクワットー!だと思ったことでした。

踊りはどんなうごきでもすごいなぁ、、、です。うそだと思ったら、、、やってみぃー、といつも思います、バレエを始めてからね。

d0192048_2249613.jpg


北野天満宮近くの『老松』で春の干菓子を買って、久しぶりに会う香港友のおみやとしました。


京都のをどり、初めてみましたけどおすすめです。
だてにおけいこしていないな、と思う指のしなり、腰のおとし。
そしてなにより華やかで美しい。

申し込み方法は若干、クラシカル、、ではありますが、この季節に京都を訪れることがあるならば、ぜひごらんください。
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-04-20 23:06

OKU

スペイン友とは遅めのランチを『OKU』にて。
ここは花見小路をちょっと入ったところにある、ギャラリー&カフェ。知らないとちょっと迷うかも、ですが、お店の方に電話をしたらとても丁寧に教えてくれました。
d0192048_2052143.jpg

こじんまりと作られたお庭もかわいいお花がそこここにあって愛らしい。

…そしてさっそく飲んでいる(笑。
この日は開店3周年(だったかな?)で飲み物がフリーでついてきました。

d0192048_20532937.jpg

お昼のおばんざいは、あっさりとした味付けでほっとします。
d0192048_20541178.jpg
おばんざいをアップにするとこんな風。
煮物、揚げ物など、どれもがつん!と主張するものはないのに、湯葉やら季節のやさいやらが上手にアレンジされていてほんとうにおいしい。

季節のかやくごはんはおかわり自由。写真だと濃いあじつけにみえますが、これもほんのりしょうゆが香るやさしいごはんです。
d0192048_2114346.jpg


こちらはご存知のとおり、美山荘のオーナーがやっている店。
先日ローカル番組『水野真紀 魔法のレストラン』(といっても、水野真紀はときどきしか出てこないw)でも紹介されました。

私は京都ライター友のおすすめだったのですが、ここは京都らしさも味わえるしとてもいい店だと思います。

雰囲気もお味も。

そしてお店で使っている小さな食器やお菓子などもおみやに買うことが可能。

私は抹茶のダグワース(725円)、桜のフロランタン(630円)、そして、桜のキャンドル(900円)を買いました^^。
d0192048_2055432.jpg
d0192048_20555342.jpg

d0192048_21155339.jpg


どれもこれも気に入っています。
定番京都みやげもいいですが、こちらのおみやは本当におすすめ!ここでしか手に入れられないものが多いので。

ぜひ、河原町あたりにいらっしゃる方はどうぞ。

スルーで営業されていますが、おばんざいランチ2300円は、あらかじめ電話を入れておいたほうがいいかもしれません。

桜キャンドル、毎夜、我が家で春らしい香りをほのかに漂わせてくれてます♪♪



祇園町南側570-119
11:00~19:00
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-04-14 21:23 | 和食
スペイン在住友に、ぜひその空気を感じてほしくて下鴨神社を再訪しました。

世界遺産めぐりで、相方と1月に訪れたときここの清涼な気、っていうのかな、とても魅かれたので。

友は、そのなかにある美麗神を祀っている『河合神社』に魅かれたよう^^。

鏡絵馬(800円)にクレヨンや自分の化粧品でお化粧して奉納します。
d0192048_17511142.jpg

いろんな美人さんたちの絵馬が飾られていました。
こういうのってその人が出るなぁ、って思います。
d0192048_17521654.jpg


干支の守護社をお参りしてから、さぁ、どうしようかな、と地図を見たら、お気に入りのじゃこ山椒のお店『しののめ』があるじゃないですか!
ここのおじゃこは京都ライター友に教えてもらってから、チャンスがあると買っています。

うーん、下鴨神社から、4キロ強って感じかなぁ。でも歩けない距離ではない。朝ごはんもしっかり!食べたし消費しないとね(笑。ぜひ、スペイン友にも味わってほしくて。

はい、てくてくと歩きました。

途中、お菓子のBAIKALによったり、おいしそうなベーグルやさんを見つけたり。

d0192048_187879.jpg
d0192048_1874977.jpg


ほかのおみやもありますけど、、、一泊二日にしてこのおみやの量(笑。全部、食べ物~。
それにしてもよく歩きました。でもそのおかげで京都の土地勘、距離感がなんとなくわかりました。

おじゃこを買ったあと、バスで祇園あたりに戻って京都ライター友におしえてもらったお店で遅めのランチをしたんですが、、、、そのときのビールのおいしかったこと!!!(大笑

そのランチのご紹介はto be continued...


しののめ
北区小山元町53
9:00~18:00
日曜、祝日第二土曜休

BAIKAL 下鴨本店
左京区下鴨洛北高校バス停前
9:00~21:00
元旦のみ休み


Browny Bread&Bagles
大路通烏丸東入ル小山下内河原町50-1
7:00~19:30
日曜休み
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-04-11 18:29 | 旅(国内)

錦 そや

話が前後しますが、一日めのお昼は豆腐料理の『錦 そや』。
錦市場の入り口(っていうのかな?)に位置していて、以前香港同期が一時帰国した際に京都友が選んでくれたお店です。

d0192048_18464446.jpg

そや、っていうのはもちろんSoya(大豆)のそや^^。
前菜、メイン、デザートにいたるまで、豆腐が使われています。まずは一杯、の豆乳もとても味が濃いのにくせがなくおいしい♪
d0192048_18481937.jpg

自家製豆腐には、季節のゆず、鰊などがあしらわれています。前菜もちょこちょこと小箱にもられていて、目も口も、心もうれしくなります。
d0192048_18493280.jpg

d0192048_19201341.jpg
メイン(おかず)は豆腐ハンバーグ、豆腐コロッケ、がんも、湯葉まき、などから選べます。
わたしは湯葉まきにしてみました。
さくさくで油っぽくなくとてもかるい食感^^。
d0192048_18501240.jpg

おなべも海鮮、野菜、韓国風チゲ、イタリアン!から選べ、前回たしか、韓国風チゲだったなぁ、と思い出し、今回はイタリアンに。
トリュフがはいっていました♪

イタリアン豆腐なべってどうなの?って疑問に思うかもしれませんが、チーズのまったり感、リッチなくちあたりが相性よし!ぜひおためしください。
d0192048_18505126.jpg

ごはんは、おかずのころにお釜でだされますが、一膳いただいて残ったぶんは、だし汁でお茶漬けにしてくれます。このおだしがまたおいしくて。どうぞ、ごはんはカンショクされませぬように。

d0192048_18511669.jpg


デザートも豆腐のブランマンジェ、ルバーブなども使われていて、こちらのシェフはきっと洋物やアジアものとの相性のよさをご存知なんだな、と実感しました。それはおなべでも一緒。

これだけいただいて、昼も夜も同じメニューで2500円。
きっと統一されているからこそのCPのよさかもしれませんが、大満足のお店です。

おなかにもやさしいし、これなら夜の京都も満喫間違いなしですから。

おだしや湯葉、お豆腐は購入することもできますよ。



錦小路通高倉東入中魚屋町511-1
水曜休(祝日の場合は翌日)

Lunch:11:30~15:00(LO14:30)

Cafe:15:00~17:00

Dinner:17:00~20:00(LO)
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-04-09 19:20 | 和食