大阪でのおいしいもの、楽しいことを綴ります。


by pi-pi-pi-pi-chan

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0192048_1423089.jpg


三日めの朝、ささゆりでおいしい朝食をいただいてからホテルバスで白浜へ。
ささゆりの朝食は和朝食でごはんは、おかゆか普通の炊きたてご飯が選べます。
この温泉で炊いたおかゆはおいしかったなぁ。


d0192048_14271214.jpg


ホテルバスは、帰り道休憩もかねて駅から程近いコーナンに立ち寄ってくれます。ここ、普通のコーナンと違って、白浜や熊野古道のおみやがたくさん売っていて結局、こーんなに!買ってしまいました。
地元でしか買えないお菓子やさんのものやパンやさんなどの商品もあり、時間のない旅行者にとっては嬉しい限り。


d0192048_14322213.jpg

ささゆりのホテルバス運転手さんの紹介で、『おじいちゃん』(とその人は呼んでいた)ドライバーのタクシーを4時間ほど借り切って白浜観光へ。4人で8000円。まぁ、相場よりはちょっとリーズナブルだし、いろんなところに立ち寄ってくれるし、時間ロスもなく快適でした。

京大白浜水族館でお魚を思いっきり!見た後、白浜の景勝地、円月島が見える『珊瑚礁』でシーフードランチ。
d0192048_14325577.jpg
これでもかっ!!っていうくらい、イセエビを食べました。写真にはありませんが、この後イセエビのお味噌汁も作ってもらい大満足♪
d0192048_14331417.jpg

イセエビの上手な食べ方を伝授してくださったここのおかみは、ものすごーーーーく!!個性的な人でしたねー^^; 

どれだけ個性的かは、、、行ってみてお確かめください…。お料理、おいしいです。
d0192048_14335414.jpg


ごはんのあとは、白良浜や、千畳敷、片平なぎさが出てきそうな三段壁にも寄りました。三段壁のおみやげやさん(また買ってる…)では、おじいちゃんドライバーのおかげで、割引もしてくれてとってもラッキー。


大満足で白浜駅まで送ってもらいました。

私たちがいったのは7月の上旬だったので、まだ白浜も混んではいなかったけど、今はかなりの人出なんでしょうね。そう願っています。

実は白浜を後にして、もうすぐ大阪につくころ熊野古道や和歌山エリアで地震があり、JRも止まりました。
私たちは影響を受けることはなかったのですが、その後の台風など、熊野古道でであった方たち、ささゆりの方々など、元気でいますように。
今回のOG会は、時間的にのんびりできた分、その土地が大好きな方たちと気持ちよくすごせる旅になりました^^。
熊野古道は本当におすすめ。平安時代に流行ったのはだてじゃない、と思います。


d0192048_14505466.jpg
 これはイタリア在住同期にもらった、イタリアパスタのマグネット♪
手のひらサイズなのに、ほんとうのパスタが入っています^^  かわいい!

来年のOG会は、10周年!を記念して、彼女が幹事さん。トスカーナのワインをめぐったり、アグリツーリズモもいいねー、って今からとっても楽しみにしています。
20歳そこそこで、みんなで香港に渡ったとき、こーんなに!長くお付き合いが続くなんて誰が想像できたでしょう。そして、自分たちがこの年齢になることも。
d0192048_15141075.jpg

 
来年の再会まで、また元気に一年過ごせますように。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-07-26 15:12
廃校のそばの『水呑み王子』を後にして、しばらく歩くとたくさんの木が横たわっている場所があります。

??と思っていると、これはなんと『木のベッド』。
緑の森林のなかで木のベッドに横たわり、休むことができるのでした。

d0192048_17421267.jpg


d0192048_17424481.jpg

熊さんが持ってきてくれた『キティちゃん(w』のシートをひいて、それぞれ気に入った場所で横になってみます。

澄んだ空気、自然の音だけがする不思議な空間。
たぶん、目を閉じていたのは10分にも満たないでしょうが、熊さんのほら貝で目覚めると、なんだかヨガをやった後のさわやかさがありました。


d0192048_1743752.jpg


木のベッドから見上げた木々と空は本当に気持ちがよかったです。
d0192048_18263453.jpg
碧い紫陽花も可憐できれい。

この日の天候は曇りときどき小雨、だったのですが、この紫陽花はそれを象徴する感じです。
気温も高すぎず、低すぎず、この季節としてはベストだったかも。

d0192048_1827569.jpg

お昼のお弁当は、民宿大村屋さんのおいしいお弁当^^。
名物めはりずしをはじめ、山菜や地元のものが詰まっています。ひとつひとつ丁寧に作られていて、愛情が感じられます。

実はささゆりからも『お昼にどうぞ♪』って鮭海苔弁を出発の際いただいていたのですが、小食ジョシたちは(ほんまか…)は食べきれず、熊さんが、ほぼカンショクしてくれました。
お茶屋さんでは、おいしいすももをいただいたり、熊さんからは凍ったタオルのサプライズ。

本当にいたれりつくせり。

なんていうのかなぁ、地の人をはじめ、熊野古道に関わっていらっしゃる方々のホスピタリティをそこここに感じることができます。
d0192048_18274759.jpg

伏拝王子からは大斎原旧社地も臨めます。

ここまでくると本宮もまもなく。
ちょっと寄り道して、すもも?を食べたりしてくだりを一気に。

山歩きは実は、くだりが曲者。あとで足にくるのでねー。熊さんがくねくねに歩いていたので友人が『なんでそんな風に歩いてるの?』と聞くと、『できるだけ足に負担にならないよう、衝撃の少ないところを選んでます』とのことでした。

その後、熊さんの歩くように歩いたのはいうまでもない(笑。
そういう基本のき、の知識も教えてくれます。

d0192048_18281443.jpg


d0192048_18284850.jpg


ひゅー。無事本宮にゴールイン。ここから先は神様エリアなので撮影は禁止。
気持ちをこめてお祈りをしました。サッカー大好きな相方にはヤタ烏のサッカー守りをおみやげに。


その後、本宮対面の健康ラボのオフィスに寄ってから、旧社地に寄りました。
d0192048_18294247.jpg


ここは絶対寄ったほうがいいです。明治22年の水害で社がなくなっても、水田から続くそれにはとても、しんとした空気が漂っている。

このときも熊さんに『神社って夕方に行かないほうがいいんだっけ?なんか霊がつきやすいとかー』と、どしろーとな質問をしたときも、熊さんは『うーん、霊って人間の心のなかにいるものですからね。ただ、朝いったほうが気持ちがいいっていうことはあります。』と、やっぱりこの人は山伏なのね、な答えをくれて、納得した私たちなのでした…。



長くなりました。

この健康ラボのウォーキングは、自分でわしわし!!速いスピードで歩きたい方にはむきませんが、のんびりその地の空気に触れながら歩きたい方にはぜひおすすめです。

適度なスピードで澄んだ空気のなかを、知識豊富でホスピタリティあふれるセラピストさんと歩くコースは、日常からふと切り離されてものすごく癒されます。

今回は女性4人ということで熊さんが抜擢!されたそうですが、そのほか、スパルタ厳しい系などいろんなセラピスト(スパルタだけど、、)さんなどもいて、ご自分にあったかたと歩くのも楽しいかもしれません^^。


そのあと、近所の道の駅に行きたい~というわがまま私たちのリクエストに、スタッフの方が車で送ってくださいました。
健康ラボのみなさま、本当にお世話になりました♪

熊野古道初心者の方、ぜひおためしあれ。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-07-19 17:33 | 旅(国内)
d0192048_1628395.jpg


2日めの朝、ささゆりでおいしい和朝食をいただいてから、今回の旅のメインともいうべき健康ラボ主催『熊野古道健康ウォーキング』に出発です♪
集合場所の本宮大社までは、ささゆりのバスで送ってもらえました。


このウォーキングツアーは、専任のウォーキングセラピストさんがついて一緒に歩いてくれるというもの。おいしい地元のお弁当付で一人4600円(参加者の数によって値段は異なります)。

いくつかコースがありますが、私たちは発心王子~熊野大社本宮まで、約7キロほどのコースを5時間くらいかけて歩くコースを選択。
ツアーに入る前に健康チェック(血圧も測られた…)をするところは、さすが健康ウォーキング、とでもいいましょうか。でもこれにひっかかる方は、すでに病気、な方、だそうなので、あまり気にせずに(笑。

出発点の発心王子までは、健康ラボの車で。(時間によってはバスを利用することもあるようです。)


さて、私たち専任ウォーキングセラピストは、『熊さん』です^^。 
本業はなんと、山伏さんで、このようなお仕事をしながら修行をされているそうです。
今回、セラピスト試験に通って、個人ツアーを担当するのは初めてだとか。

『山伏って何する人ですかぁ~?』などというぶしつけな質問にもとてもわかりやすく答えてくださる気さくなセラピストさん、まずは発心王子の地で、ほら貝を吹いて出発です。

d0192048_1647192.jpg
d0192048_16475727.jpg


本格的な山登りの格好をする必要はないと思いますが、滑らない靴、長いパンツ、帽子、リュック、雨具は必需品。
そういえば、熊さんはしきりと『山ガールの格好(イマドキのランスカ&スパッツなど)をすると、いいですよー^^ 汗をかいても楽だしねー』といっていましたが、それは単に趣味嗜好の問題のような気もする(爆…。

一般の人たちが暮らしている民家のそばも通ります。住民の方々が作ったからくり人形がそこここで出迎えてくれるのですが、、、、ちょっと怖いかもー。

d0192048_16554225.jpg


い、いかりや長介と、、、、加藤茶??

d0192048_16595585.jpg


途中、廃校となったところで休憩をとりました。
このとき熊さんが、なつかしの!『チューペット』を用意していてくれていました。

なんてすばらしい!

この後もこの健康ラボのウォーキングツアーの細やかさと熊さんのホスピタリティには何度か『おお!』と思うことがありました。


                             が、長いので次に続く~^^v
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-07-19 17:04 | 旅(国内)
d0192048_10303560.jpg

ホテルささゆりは、熊野古道の新宮から車で15分くらいのところにあるかなり大規模な温泉ホテルです。

お部屋は和洋室で最大6人は泊まれそうな大きさ。

d0192048_10312437.jpg


お楽しみの夕飯も地のものを中心に鱧のしゃぶしゃぶから熊野牛のステーキまで12種類ほど。
どれもおいしかった~~。
d0192048_10513223.jpg

あ、鮎くんも出ました♪
d0192048_10523534.jpg

d0192048_10422977.jpg
温泉はプライベートつり橋(わたらせ橋、といいます。思わず森高千里を思い出したら同世代…w)を渡って川向こうのしらゆりへ。

温泉には、へびも蛙もいてちょっとびっくり(汗。へびって温泉に入れるのかなぁ。
d0192048_10414683.jpg


さ、温泉にも入って、これからまだまだしゃべるぞー、、って部屋に戻ったら、、、なんと!お夜食の小さいおにぎりが用意してありました。

至れりつくせり、です。
しかし、すみませぬ、あまりにおなかがいっぱい!でさすがの大食漢ジョシたちも食べられませんでした。。。
お気持ちはしか!といただきました。

実は、宿を決める際、こちらか、かなりプライベートなこじんまりした宿か迷ったのですが、結果大正解。
多くのお風呂や凝ったお食事、そしてなによりもささゆりのスタッフは、ものすごーく!!!ハートウォーミングな人が多いです。
いつ館内で会っても、笑顔で声がけをしてくれる^^。

熊野古道に行かれるなら、ぜひ!!おすすめです。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-07-16 10:53 | 旅(国内)
スペイン旅行記もほったらかしですが、最近のお話からアップしてしまいます。
なんせ、物忘れが激しいお年頃、なので(汗。

毎年香港時代の同僚とイタリア在住同期の一時帰国にあわせ旅行をしています。

最初は海外に住んでいる彼女と京都で和食を楽しむ、みたいな会だったのですが、それが、日帰り温泉になりーの、一泊になりーの、最近では二泊三日の旅行が定番となりました。
女子会の集まりはお泊りに限ります^^v 

今年の幹事はワタクシ、幹事になると数ヶ月前から行き先を決めて、あーでもない、こーでもないと頭を悩ますのですがそれも旅の楽しみの一つです。

今回は今話題のスピリチュアルスポットともいえる熊野古道に決定。
澄んだ空気に癒されたい!がテーマでございます。

実は熊野古道は関西から行きやすく思えますが、陸の孤島なので結構な時間がかかります。

大阪からだとJR得々きっぷを使って、約2時間ちょい、往復8000円。
スーパーくろしおには、白浜のぱんだちゃんをイメージした、ぱんだ席なるものもあって、写真をとったりできます。ちなみにぱんだ席を指定してチケットは買えませんが。

まずは白浜駅でランチ。

d0192048_14315069.jpg


駅前の太陽食堂でめはり寿司がついたおそばやシラスのセットをいただきました。
2000円くらいだったかな。

本当は海側に出て、海鮮などを食べたかったのですが、いやー、いかんせん時間がなかった!
この日のお泊りはホテルささゆりだったのですが、そのシャトルバスの時間が一時間内にせまっていたからです。
公共のバスを使うと、、、、本数が少ない上、乗り継ぎが必要だったりするので、ホテルバスを使われることをおすすめします。

熊野古道のあたりって、和歌山、三重などアクセスがよさそうですけど、実は陸の孤島なのでした。


d0192048_14385519.jpg

途中トイレ休憩もかねて、小さい道の駅っぽいお店で早速おかいもの。

じゃばらドリンク、すき!っとした柑橘系のジュースです。グレフルに近いかな。

d0192048_14411382.jpg


そんなこんなで一時間ちょいで本日のお宿『わたらせ温泉 ホテルささゆり』に到着です。
西日本最大級という温泉や食事も楽しみです。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-07-15 14:44 | 旅(国内)

ENTRATA@仮OL様のランチ

ごぶさたでございました。

スペイン旅行記も全然!アップできず。


この間、毎年恒例!香港OG会あり、、、大好きなおおばばが天に召され、などなどいろーんなことがあって放置プレーだったです。

今は落ち着いているのですが、ご縁あって、ひっさしぶりに!仮『OL様』をやってます。

週、1、2回、10時スタート5時上がりという、、、まさにゴールデンな条件です。ま、そのぶん、お時給は、、ですけど、贅沢をいってはいけません、結局、どちらかをとるか、なので。
でも今年の夏は、ごっつ!!暑いので、家にいるよりはオフィスにいるほうが全然楽ー。


仮OL様じゃないときは、ジムでステップ修行をしてるので、、、当然、アップが滞るのね。
仕事しながらアップしてる方、尊敬します。
すみませぬ、こんなやつで。でもですね、万博フル仕事以来、もう自分の生活を犠牲にする仕事はしまい、と決めています。
そしてこのAGEにして、オファーをくださるご縁に感謝はしています。


で。

ランチは楽しませていただいてます。勤務地がランチ激戦区なので1000円以下でおいしいものが食べられる。そのレベルは、かなり高いです。
関西はランチでもおいしくないと、あ!っいう間に客はこなくなりますからね。


↓ は、本日のランチ@ENTRATA
かっぱ横丁にある、夜はかるーく呑める雰囲気のトラットリアとバールの真ん中、みたいなお店です。
まだオープンして一ヶ月たたないかな?通りかかって気になったので寄ってみました。

ランチは3種あります。パスタが食べたかったので、サラダ、バケット(いずれもおかわり自由)、本日のパスタの太刀魚とブラックオリーブのブッタネスカ、100円で珈琲をつけました。合計900円。
本日のパスタ、もうひとつのチョイスは、オイル系でしたね。
d0192048_20322314.jpg
d0192048_20324068.jpg


サラダはかぼちゃがはいっていたり、パンもあたためてくれていておいしい。
パスタは細めの麺で、これはできあがりの時間を気にしてかな?ランチタイムはささっとおいしいものを出さないといけないですからね。

ソースも上手にからんでいておいしかったです。
100円で、デロンギメーカーで出した珈琲は、かなりお得かと。

スタッフも『なんちゃらなんちゃらプレゴー』とがんばっています^^;
しかし、、なんなんでしょうね、別にイタリア語でなくてもいいのに~。個人的に『サラダ(珈琲)プレゴ』などといわれると、、、かなり恥ずかしい、、、のはアタシだけ??

パスタはおすすめです。ぜひどうぞ。

夜の呑みも阪急電車直結!だから便利です。

スペインやOG会のアップもがむばりまする…。

もちろん仕事もやるこたーぁやってます。



北区芝田1-7-2(かっぱ横丁のなかにあります。)
不定休
11:30-14:00(LO)
17:00-23:00(LO)
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-07-12 20:41 | Italian