大阪でのおいしいもの、楽しいことを綴ります。


by pi-pi-pi-pi-chan

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バルセロナ一日めはないに等しい。ホテルについたらもう夜、でした。

実はバルセロナで、参加者の一人の荷物が出てこず、一騒動。これってヨーロッパだけでなく、トランジットがある場合はよくあることなのです。ダイレクト便がない場合はしょうがないけど、個人的には絶対!乗り継ぎがない便をちょっとお高くても選びます。だって荷物が出てこないと帰りならまだしも、、、行きは悲惨ですからねー。
結局、その人のスーツケースは、空港内に落ちていて!!!(なんていいかげんなんだ、、、バルセロナ空港。。。)事なきを得ました。


この日の泊まりはTRYP BARCELONA AEROPUERTO. 読んで字のごとく、空港近くのホテルなので周りにはガソリンスタンドがある程度。まぁ、、夜着くからいいとはいえ、市内ならちょこっと飲みにいったりできるのになぁ、とも思う。

ホテル自体は寝るだけだったので、特に問題もなく快適に過ごしました。

朝はまだ、体内時間が日本なので、めったにしない超!早起き。
まちに待った朝食です。

Buffet形式の朝食で、ハムやチーズなどのコールドプレート、ヨーグルトなどの乳製品も豊富にありました。


d0192048_1574526.jpg



ホットミールは、スパニッシュオムレツやマッシュルームのソテー、ソーセージなど。
あとから振り返ると、ここの朝食がスペインのなかでは一番おいしかったかも。
d0192048_158304.jpg


朝食が終わったら、ちゃっちゃ!とスーツケースを廊下に出しておく。そうするとポーターさんがまとめてバスまで運んでくれます。ポーターさんのチップも旅行代金には含まれているので、こういうところはツアーは気楽ですね。
超!旧式のマイスーツケース(思いいれがあって捨てられない。いまどきこんなタイプを持っているのはアメリカ人くらいだ)も自分で運ばなくてよいので、今回新しいスーツケース購入をやめたんですから。


さて、ホテルをチェックアウトしてバスに乗ってバルセロナ市内観光へ出発。

今回このツアーでびっくりしたことのひとつ。。。それはみんなの集合時間のはやさ!たとえば8時なら7時45分にはほぼ全員が!!バスに乗っていて準備万端!なのです。
これって、参加者のほとんどが、シニア世代だからだろうなぁ。。。アタシと相方はほぼいつも最後でございましたw

バルセロナ観光は、もちろんガウディを中心に。
カサミラ、カサバトリョ、カタルーニャ音楽堂、グエル公園、サグラダファミリアを見学する。
d0192048_1510174.jpg






ガウディの建築物は、自然との融合でとがった部分がなく丸みを帯びているのが特徴。
でもこのマンション、住みにくそう…。実際に大手企業の社長さんが所有しているものもあるそうですが。チュッパチャップス(あの、棒の飴ちゃん、スペインボーンです)だったかな?


d0192048_15105562.jpg



どこかでみたことがあるはず、のグエル公園のとかげちゃん。キュートだったので、その後サグラダファミリアのショップでマグネットを買い、いまは冷蔵庫にぺたっとくっついています。

d0192048_15112744.jpg




目の前で見るとど迫力のサグラダファミリア。緻密な彫刻に感動。
まだまだ完成までに数十年かかるそうですが、現在修復中の部分(建物の裏側)を見るとガウディのものとはまったく違う鋭角的な彫刻があり、現代芸術家のプライドもそこここに表れていておもしろいです。


さて、サグラダファミリアエリアは、スペインでももっとも人の多いといわれる地域で、残念ながらスリや置き引きもうろうろしてます。最近はジプシーと呼ばれる人たちも、こぎれいにしていてツアー客を装ったり、10代の子供が『このxx運動に署名参加してくれませんか?』などと話しかけてくるので、ご注意を。

この日の昼食は、『Eterna』で、カネロニ、干しだらのグリル、アイスクリームというメニュー。
d0192048_1513362.jpg

d0192048_15121960.jpg


d0192048_15134070.jpg


干しだらはこっちの名物ですね。ちょっと塩っからいけどアタシは嫌いじゃないかなー。
初日から(それも昼間)お酒がすすんでしまう味付けですw

それにしてもこのEterna、普段はショーパブなのか、かなーり怪しい雰囲気でした。
スペインの食事時間は全体的に遅いので(ランチは13時過ぎでも開いてないレストランは多数)、ツアー客35名を受け入れられるキャパとそれなりのお味、値段のレストランを探すのはきっと至難の業なのでしょう。

お手洗いに貼ってあった、ショーの宣伝。Drug Queensって…(爆 一人トイレで大うけしたのはいうまでもありません。

d0192048_151433.jpg



これでバルセロナとはお別れ。ちょっと短すぎるー(涙。
バスでバレンシアにむかいました。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-05-30 23:09 | 旅(海外)
パッケージツアーは、阪急トラピックスの『哀愁のスペイン、ポルトガル 10日間』。
個人的にスペインは明るいイメージなので、哀愁ってどうよ、と思うが。

(しかし、その哀愁の意味はそれなりに、旅行中に少しわかった気がしますが、それはまた後日)。

フライトは関空からのAF291便パリ行。トランジットののち、バルセロナに入ります。

添乗員のSさんによると、フライトは満席とのことでしたが、乗ってみるとそんなことはなく、ドアクローズになるやいなや、席をうつって相方と2席ずつ確保しました。
日本人乗客はわりとおとなしく、決められた席に座っているけど、いいんです、ドアクローズしたってことは全員が搭乗したってことなので、空いてる席にうつるのは早いものがちなので。ドアクローズの合図はわかりにくいかもしれないので、まず機体がプッシュバックしはじめたら、大丈夫です。前もってクルーに頼んでおく、という手もありますが、離陸前のクルーは超!忙しいため、自分でちゃっちゃ!と動きましょう。

クルーの年齢層は高めかなぁ。反対側担当はかなり年配のおじさん(失礼)コンビだった…。
アタシが子供のころ、エアフラクルー(とくに日本人)はものすごーく!美しい人が多かったけど、これもエアフラに限らず時代を感じる…。ちなみに、パリ-バルセロナ間のクルーは、おゲイな感じの男子で愛想もよくとてもかわいかったです♪
…視線がほぼおやぢ。


さて、機内の空調は寒かったり暑かったりするので、そのへんのブランケットをかき集めて準備OK。



d0192048_11425769.jpg
テイクオフしたら、イヤフォンとアイマスク耳栓などの機内グッズが配布されます。しかし、、、このエアフラのイヤフォン、使いづらいわー。改善の余地ありかも。最近のエコを考えて、歯ブラシは入っていませんが、クルーに頼めばもらえます。
まずは、食前のシャンパンで旅のスタートをお祝いしてかんぱーい。
スパークリングワインじゃなく、シャンパンというのがいかにも!おフランス、のエアフラらしい。
d0192048_11434210.jpg

最初の機内食は、和食か洋食のチョイス。和がチキン、洋はビーフでした。
私は和をチョイス。

お味は普通でしたが、パンのおかわりがくるところもエアフラだなー。それもミニバケットだし。
d0192048_11441443.jpg


食後は映画タイムへ。最新のものからクラシックのものまで、数え切れないほどの映画チョイスがあるので
どれを観ようか迷うほど。ずっと以前、みんな一緒に同じスクリーンを観ていたことがうそのようです。

今上映中の『ブラックスワン』をチョイス。

日本でもいまやっているので、詳細は書きませんが、バレエが美しいだけではなく極めた芸術のこわさっていうかなぁ、ちょっと最後はぞくっときました。
ナタリーポートマンのバレリーナ顔負け!の体の絞り方、バレエテクニックは必見です。
結局、バレエシーンをみたいがために(笑、もう一回観てしまったほど。残念ながらフランス語と英語、スペイン語のみでしたが、これ、日本人も好きだと思うし、吹き替えか字幕バージョンもあればいいのに、と思います。

あとは『Traveller』や『Never let me go』などを観ました。
とにかく昼間便、着くのはバルセロナに着くのは夜なので、寝ないようにコントロールしました。
朝、はやく家を出てるので、眠いけど、、そこはなんとか。
d0192048_1145097.jpg


食事の合間にサンドイッチやアイスクリーム、うどんですかいw のサービスもギャレーであります。

d0192048_11452115.jpg

機内は乾燥してるので、いつもはなんていうことのないカップめんがおいしいのよねー^^
飲み物もセルフサービスで、こういう適度なほったらかしかげんが個人的には好きかも。
あ、もちろん、カップめんのお湯はクルーが入れてくれます、あぶないからね。

d0192048_11454175.jpg


着陸前のミールはコールドプレート。チョイスがないのが残念だなー。でもこういうスタイルをとっているエアが多くなってきているかも。クルーは楽だろうなぁ(笑。

そんなことを思っているうちに、パリシャルドゴール空港へ到着。

今回唯一心残りだったのは、パリ‐バルセロナ間で手荷物検査が再度あるため、関空で液体ものを買えなかったこと。
ロクシタンのバスグッズ、買っていきたかったのにぃー。残念ながら、私たちが使ったゲート近くにロクシタンはなく、残念。まぁ、、、フランスの人にしてみればロクシタンって、ボディショップのちょい高級路線な感じだからかなぁ。ほかの免税品はちょこっと化粧品などもありました。

その代わりといっては何ですが、FOCHONのワイン(ホテルで飲む用w)とスナックを買いました。
パリの空港は何でも!!お高いですが(水すら高い)、FOCHONは日本と比較するとお安いです、当然といえば当然かも。

d0192048_1223493.jpg


バルセロナ到着が夜なので飲料水を買おうと探しましたが、水はバーなどの店頭で買うより、ひっそりとある自販機のほうが断然安いことを発見(時間があったので、いろいろ調査)。ユーロの小銭をすでにもっていらっしゃるかたは、ぜひこちらで。水はこちらでは必需品!ですから。
ちなみにバルセロナの空港(荷物ターンテーブルのところ)にも自販機はありました。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-05-27 12:33 | 旅(海外)
相方のお祝いに、スペインとポルトガルの旅に出ていました。

今回は数十年ぶりの完全!!パックツアー。


その理由はですね、、、まず、英語圏じゃないことが大きいかな。
英語圏ならば、いろんな手配や現地での動きもアタシ一人でなんとかなるけど、そうじゃないところは、やっぱり現地友に頼んだりしないと、かなーりきびしい。

その負担がアタシにかかってきて、旅行中いらいらするのも今回はNG、ってなわけで、パックにしました。
頼んだのは阪急のトラピックスです。

結論からいうと、今回はパックならではの旅を堪能しました。

旅にはいろいろあるわけで、そのなかでどういう楽しみ方をするのかがポイントなのかなーって思います。
そしてそれにあった旅の仕方を選択すればいいわけです。


↓↓



毎度おなじみ、現地食料品(のみ)のおみや。これらは一部で
d0192048_2392451.jpg
このほか、5本のワインを(相方が)手に持って帰宅。
もちろん、それだけじゃなくってー♪


のあたりを時間をかけてアップしていきます。
10日の旅なので、かなり長くなると思いますが、よろしければお付き合いください。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-05-26 23:10 | 旅(海外)

北から南から。

GWも終わりましたね。

いかがお過ごしだったでしょうか^^。 

私は、、、、ジム三昧、の毎日でした。
今!はまっているイントラさん(注:女性です。)と一緒~~(爆

それができたのも…。

相方が北は北海道から、南は九州まで、飛び回って(ゴルフで)遊んでくれていたおかげでありました。

そんなGWの日々でしたが、おみやを頼むことは食いしん坊としては忘れません!
本日はそのおみやのラインナップです。

d0192048_1963482.jpg


その1.

宮崎の完熟マンゴー。
もう言うことありません。香港時代、タイ産のものは食べていましたが、宮崎産は初体験。

いや、日本人って果物を作る天才か?と思ってしまう、濃厚な甘さ、うまみです。

確かにお値段はタイ産の4倍はしますが、、、納得かな。

ちなみに相方は、キャディさんに聞いて、これを地元スーパーで買いました。
ゴルフ場で買うと桁、が違うそうなので、、、、気をつけてくださいませ。
d0192048_1972627.jpg

その2.

札幌北菓楼のシュークリーム。
これ、物産展でも売り切れになることが多くて、最近では新しいお菓子に圧されてみかけない。まぁその日のうちに食べないといけないお菓子だっていうことも多いのかなぁ。

d0192048_1975070.jpg

じゃーん!

皮がパイ状でさくさく!wクリームがとろけます!
時間によっては空港では売り切れにもなってしまうのですが(以前頼んだときは売り切れでした。)、わかるなぁ。
札幌に行くことがあったら、次回もリピ決定!!!(3!!!)です。

d0192048_1983257.jpg

その3.

これはお仕事で横浜に行ったときにお願いした、清風楼のシュウマイ。
以前横浜に住んでいながら、シュウマイってあまり食べなかったけど、ここのはお肉がジューシーで大好き!
小ぶりなのも好みかも。


いやぁ、相方さま(さま、つき)、毎回毎回リクエストに応えていただいてありがとうございます。

よーく考えてみると、アナタ以前は、甘いものも興味なかったし、海外国内ともに地元スーパー、デパ地下なんて行ったこともなかっただろうし、、、その変貌ぶりにびっくりです(笑。

まぁ、アナタの相方(アタシ)がこれだけ食べることに貪欲だし、旅行にいけば、必ず地元スーパーやデパ地下で走り回ってるのを見てるからでしょうか…。

d0192048_1985885.jpg


これはおまけ。
アタシのジム遠征帰りに買ったIRIEのクリームパン。毎週、梅田阪急で水曜のみの限定販売です。
カスタードクリームを最初にクリームパンに入れたのがIRIEだということで、クリームパン好きにはぜひ食べていただきたい一品。お値段もリーズナブル(たしか125円)だし。

d0192048_19422296.jpg


今週末から↑↑、相方勤続xx周年で、スペイン、ポルトガル10日間の旅、に出ることになりました^^。


いつもの『あいとったらのせたるでー』ではなく、ワタクシ、10代以来xx年ぶりのツアーでございます。
スペインは初めてなので、ツアーといったって、今必死!!で情報収集中です。
だって、自分がどこにいくのかわかんないままの旅行なんてもったいない。

このマグネットは、この間、京都の旅をご一緒した現地に住んでいるYちゃんからいただきました^^。
Yちゃんにも会えるかな。

これを見ていると、スペインへのテンションが↑↑↑↑になります。特に食…。

いい旅になりますように。

相方さま、お仕事ご苦労さまです。

いつも本当にありがとう~(小声)。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-05-10 19:49 | おいしいもの

Cui LARDOISE

欧風黒板料理のお店、1月にオープンしたキュイ ラルドワーズ。



12月にお隣の五大力にいったとき、まだ開店準備中の店内をのぞいてたら(笑、シェフが出てきてくださってお店のカードをいただきました。

そのときから、きっとこの店おいしそう、、、と気になっていました。

d0192048_161134.jpg

念願かなって、姉と3月のランチにうかがいました。

お店はカウンターとテーブル2席、なかなかのイケメンシェフが一人で作ってサーブされています。
(店内で)写真とってもいいですかー?ってたずねたら、『あ、僕の写真ですかぁ?』のボケぶりもお茶目でした。

ランチは1000円の一種類。
スープとパン、サラダとメインに、別料金で前菜やデザート、飲み物をつけることができます。
d0192048_16135959.jpg


スープも上品なお味、パンは山田にある Boulangerie Mille Villageバケット。

d0192048_16114719.jpg


前菜は田舎風パテ。
これはいつもランチについているのかなぁ?
だったら、絶対に600円出しても食べてください!といいたいくらい、ジューシーでおいしいパテです。
サイドについているサラダのドレッシングもおいしい。
d0192048_16144014.jpg


メインの若鶏のやわらか煮込みも味付けのバランスがすごくよくて好きな味。
d0192048_1615166.jpg


ある方のブログでこちらのシェフのデザートはおすすめ!と書いてあったので、こちらもしっかりいただきました。
確かにおいしいです。

大満足のランチ。姉も同じ感想でした。
店内の黒板をみていると、夜のメニューも非常にココロ魅かれるものが。

ちょっと不便といえば不便な場所なんですが、タクシー飛ばしても行く価値はあるお店だな、と思います。

すでにいろんなところで紹介されていて、評判となっています。
ランチはおひとりさまでも、近所のおじいちゃんでも、ふら~っと立ち寄れる雰囲気もいい感じ。

ああ、また食べに行きたくなってきました…。

ファミリーでもカップルでも是非。


豊中市東豊中町5-30-25 ハイツ宮由1F
Lunch:11:30~14:30
Dinner:17:00~22:00(LO21:00)
不定休なので、HPで確認を。
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-05-03 16:44 | French