大阪でのおいしいもの、楽しいことを綴ります。


by pi-pi-pi-pi-chan

三田屋本店 箕面小野原店

三田屋は、関西を中心に展開しているステーキレストラン。

この日はお泊りにきた甥っ子とステーキデート、でございました(笑。
マイマンションと通学している学校が目と鼻の先なので、ときどき泊りにくるのです。


ランチはかなり混みあうようなことを口コミでみたので、平日でしたが予約の電話を入れておきました。

しかし。6時過ぎでひろーい店内に私たちふたりだけ…。ま、いっか。

メニューはきわめてシンプルで、ステーキのコースが中心です。ヘレ(関西ではヒレをヘレと言うのです…)かロースか、あとはグラム数でお値段が違います。Sが110グラム、Mが160グラム、Lが210グラム。

甥っ子はL、私はSをオーダーしました。

三田屋といえば、このハムのオードブル、というくらい有名。

味わい深いハムが三田屋の味をまさに表現していて、私もうめだ阪急のデパ地下でときどき切り落としを買いますが、一度買ったらほかのハムが食べられなくなります。

d0192048_16534752.jpg


最初にかなりの量がサーブされますが、実はこれ、一回だけおかわりができます。
おかわりのときはさすがに量が半量ですが。。。
d0192048_17211896.jpg


サラダもドレッシングがおいしい。

d0192048_17215824.jpg

メインのステーキ。かなりレアな状態で出されます。鉄板が熱いから自分の好みで焼けるということでしょうか。
↓ ↑  上が私のSサイズ、下は甥っ子のLサイズ、お皿の空き具合で大きさの違いがわかりますねー^^。
d0192048_17231652.jpg


うーん、やっぱり三田屋のお肉はおいしい!甥っ子も一口食べて『うまし!』とつぶやいていたほど(爆。

このほか、おかわりができるごはん、黒豆、スープ、デザート、コーヒーか紅茶がつきます。
黒豆は本店のある三田屋が原産地だからでしょうね。


ステーキは確かにうまし!、ですが、全体的になんというか、、、80年代をそのまま引きずっている印象を受けました。とくにサービスのバランスがどうかと。

昼ならばまだしも、夜はそれなりのお値段なので(ピアノ演奏はありますが…)、いかにもバイトの方がやっている!というマニュアル化されたサービスは改善の余地があると思います。
高級店にするのか、ファミリー向けにするのか、箕面という土地柄難しいところなんでしょうが…。

結局この日、レストランは貸しきり状態でした。いくら平日でもやっぱり原因があるのかも、と思ってしまいました。
甥っ子とのステーキデートは堪能させてもらいましたが^^;

今度行くなら、16時までやっているお得感のあるランチかなぁ。

三田屋 本店 箕面小野原店
箕面市小野原東3-9-35
11:30~22:00(LO21:00)
無休
[PR]
by pi-pi-pi-pi-chan | 2010-12-13 17:43 | ステーキ、焼肉