大阪でのおいしいもの、楽しいことを綴ります。


by pi-pi-pi-pi-chan
ながーい間放置してしまいました、マイブログ、、、

元気にしております。大阪にきて一年半とちょっと、ほぼ毎日床(エアロ)か台(ステップ)を踏みつつ時々バイト、みたいな生活ではぴーに暮らしておりまする。

去年の夏くらいから顔本にはまってしまい、ほぼそっちに生息しています。もしよろしかったら、本名で検索ってみてください。

プロフ写真がビール飲んでるやつなんですぐわかるはずー(爆
d0192048_12555318.jpg


2012年も皆様にとって良い年になりますように。
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2012-01-04 13:00 | 日々の暮らし
Urban Research Doorsは、インテリアグッズも服も好きなものがおいてあるセレクトショップ。
そんなに高級路線でもなく、かといって気取ってもいない感じが好み。友達用のギフトなどを選ぶときものぞきます。
茶屋町のショップにはカフェもあり、この日のおひとりさま仮OLランチはここに決定!


ランチには、パスタ、キッシュ、プレートランチの3つがあり、パスタをチョイス。この日のパスタはトマトソースベースのちょいぺペロンチーノが効いたぴり辛風。

小さいサラダとパンもついてきます。
d0192048_16203212.jpg


これに珈琲をつけて確か、、、950円か1000円でした。
パスタも冷凍ものソースなんかじゃなくてひとつひとつ丁寧に作られていて、本当においしい。Doors Diningは、無添加、無農薬が基本なので、安心しておいしいものが手軽に食べられます。
量もカフェのちょこっと!!(笑 の量じゃなくて、男性でも十分なパスタの盛り、でした。
実際にお昼どきには、女性だけじゃなく、男性も入ってきていましたしね。


そのあと同じフロアをささー♪っとひやかすつもりが、、、、大好きブルーストライプのシャツワンピ風をおかいあげー、その間たったの!7,8分~。
…まさにお店の思うツボの客なのでした^^;

のんびりできるし、ここはまた行きます~。

北区茶屋町15-31
11:00~21:00
不定休
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-09-29 00:00 | Cafe
そういえば、スペイン、ポルトガルの旅がほったらかしだった…(汗

性格的にちゃんと終わらせたいので、たた!っとまとめてしまいます(こらっ)。

今回の旅はアタシにとっては、ん十年ぶりのツアー、でした。
それにはいろんな理由があって、まず英語圏ならなんとかなるが、そうでない国ではマイ負担が大きく、よってストレスもたまるため、ツアー参加、と相成ったわけです。

メリットは…

-すべておんぶにだっこ
-空港につけばツアーバスが待っている(荷物移動もやってくれる)
-寝てても目的地に連れて行ってくれる
-すべての観光地の入場料も込みこみ

デメリットは…
-スケジュールタイト過ぎ(ほぼ一日バスに乗ってる日もあった)
-朝はやい
-一都市をじっくりみられない
-ごはんがおいしくない


でも今回は日本からずーっとついてきてくれたツアコンさんに恵まれて、否歴女であるアタシひとりでは到底わからなかったであろう、スペインの光と影の歴史、侵略を繰り返し、盛衰を重ねていた過去をひとつひとつ、各都市の城壁や町並みで知ることができ、それはツアーに参加した大きな財産となりました。

ツアコンさんのスペインを愛するキモチもものすごく伝わってきました。こういう人と旅することができるのは、とても幸せなことだと思います。



d0192048_23355518.jpg



これはものすごーく!!タイトスケジュールのなか、もうここでしか買えまい!と思って勝ったリャドロのバレリーナ陶器です。
今回これとカスタニェールの靴は買うと決めていたの(バッグも買ったがw)。

お衣装のレース部分がとても気に入っていて、旅の記憶をよみがえらせてくれます。

こういうものもちゃちゃ!っと買えてバスに乗り込んであとはホテルまでのせときゃいいやー、っていうのも気楽な部分なんですけどね、実は。


バレリーナちゃんで、スペインの哀愁をあらわしてみました。実はツアーのタイトルも『哀愁のスペイン・ポルトガル』だったんですよね。
でもその言葉の意味の少しは、私の心のなかに残っています。これが旅をすることなんだ、とも思います。


次回こういうツアーに参加するかしないかといわれれば、よっぽど歳をとってゴージャス!ゆったり!!ビジネスクラス並みツアーなら別ですが、イエスとは答えにくいです。今回参加してみて、やっぱり自分で探したお店が一番おいしかったと思うし、別行動したときが楽しかったですから。

だけどツアーにはツアーのメリットもあり限られた楽しみもあるはず。

なにを選ぶのかは、本当に自分次第なんだなぁ、と思った旅でした。

あ!ポルトガルはとてものんびりしていて人もよかったので、ぜひまた訪れたいなぁ。こういうのもツアーのきっかけではありますね^^。

これにて、スペイン、ポルトガルの旅は終わりとさせていただきま~す(あーすっきりした。)
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-09-28 00:15 | 旅(海外)
仮OL様もときどきやってます^^;~

この日はお仕事をふってくれるディレクター(もちろん年下、下手したら娘w)に連れられてNu Chayamachiの中華へ。
ランチは数種類のセットがあって、本日のランチも日替わりであります。
日替わりメニューはエビチリ~。

メインのほかにサラダやスープ、ご飯。メインのエビチリはちょっと少なめですが、それにはわけがある!!

d0192048_1159871.jpg

小龍包がついてくるー♪ からです。
小龍包はちょっとスープがあっさりめだけど、あちあちでおいしい。

d0192048_11593351.jpg


デザートもついてきます。

d0192048_12165528.jpg

本当はデザートはひとつなんですが、Nu Chayamachiの入り口などにあるクーポンを持っていくと、ふたつサービスしてくれます。
この日ディレクターさんが、入り口でクーポン誌をむんず!と摑んで、必要なページだけびりびりーと破いたのでなんじゃ?と思っていたら、、、、そういうことか(笑。

さすが本物のOLさまはお得な情報をよくご存知です。

ここおいしいです^^。中華には辛口採点のワタクシですがランチ950円でここまでできるとはすばらしい。
仮OLさまのうちに(仮OLさまは、夏と冬は暇。)また行こうっと♪

大阪市北区茶屋町10番12号
8F
11:00~15:00
17:00~23:00(LO22:00)
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-09-27 12:17 | Chinese

La Baie

ごぶさたでした…。
大阪でちゃんと暮らしております↓ こんなモノもたまには食べにいったりして。

最近おくればせながらスマホ(我が家はi-phoneじゃないほう。)デビューしたので、おっとにすすめられてFacebookを始めたら、、、そっちのほうが忙しくなり(はまり症w)、めっきりこちらが放置プレーとなってしまってしまいましたが、、、いろいろ書きたいこともたまってきたのでがんばろうと思います^^v

さて、La Baieは梅田リッツカールトンにあるフレンチ。
ときどき仕事でリッツに行くことがあり、いつかこのフレンチは制覇したる!と思っていました。評判も高いしね。
一度ランチ予約をとったものの、急な事情でキャンセルをして果たせずじまい。
今回は、結婚17周年を記念して、行ってまいりました~。ディナーです。

d0192048_1691983.jpg


飾り皿も美しい!! このお皿をながめつつ、コースを決めました。
コースは
これ
です。

d0192048_16103648.jpg

アミューズは、野菜っぽいお上品なチップスっぽいもの。

d0192048_16112523.jpg

大好きフォアグラ~。ソムリエの方におまかせのお皿ごとのワインコースもお願いしましたが、貴腐ワインのようなまったりあまーいワインがフォアグラと絶妙のマッチ!
思わずワインも進み(いつものことだが、、、)、ソムリエの方がちょこっとサービスしてくださいました(笑。
d0192048_1611541.jpg

北あかりとトリュフのスープ
テーブルに近づいてくると、トリュフ独特の土っぽい香りが漂ってきます!しあわせ…。

d0192048_1612262.jpg

メインのお魚の鱈

d0192048_16125186.jpg

そろそろ本格的ジビエシーズンかな、の鴨。

d0192048_16132379.jpg

第一のデザート~♪
d0192048_1613589.jpg

第二のデザート~♪
こちらには結婚記念日だと告げておいたら、かわいいチョコのデコレーションが^^。
d0192048_16142255.jpg

最後の珈琲とプティフール。
こちらも目移りしそうにおいしそうなものがたくさんありましたが、、、もう、おなかが一杯でございました…。

d0192048_16143987.jpg


La Baieは評判たがわず、お味、サービスともに一流です。
個人的にはメインディッシュより、アペタイザーのほうに一票、かな。
店内はものすごくクラシックフレンチを想像させますが、シェフのセンスかモダンも取り入れているんだろうなぁ。

ソムリエやフロア担当のサービスもそつなく、それでいて堅苦しくないので、お誕生日や記念日などにおすすめ。
おなかすかせてどうぞ(私はこのディナーのために、お昼を抜きました(笑)。その価値があります。
[PR]
# by pi-pi-pi-pi-chan | 2011-09-26 16:34 | French